FPの試験勉強のためのサイト

ファイナンシャルプランナーの資格についての概要・種類

ファイナンシャルプランナーとして働くには、資格を取らなくてはいけません。

 

ファイナンシャルプランナーになるためには、日本FP協会の要請研修に参加して認定試験にパスする必要があります。

 

さらに、合格後には、協会の会員に登録しなければ、ファイナンシャルプランナーとして働くことはできません。

 

金融、証券会社、不動産会社等で仕事をする方に適している資格で、経験と業績を積んでフリーで働くこともできます。

 

ファイナンシャルプランナーの資格には、日本FP協会が定めている資格と国家資格とがあります。

 

日本FP協会が認めている資格には、AFPと呼ばれる普通資格とCFPと呼ばれる上級資格の2種類があります。

 

CFPは、世界の23カ国でファイナンシャルプランナーとして業務をすることが可能な国際資格です。

 

日本FP協会が認めているAFPとCFPは、資格を取った後も継続教育が必要とされており、2年毎に更新しなければいけません。

 

ファイナンシャルプランナーの国家資格は、FP技能士と呼ばれていて、平成14年4月から国家資格となった資格です。

 

1級〜3級までの資格が存在して、それぞれに検定試験が実施されます。

 

FP技能士の場合は、資格を取った後に更新しなくてもいいこととなっています。

 

日本FP協会のCFP資格を取った方が1級FP技能士の検定試験を受験する際に、学科試験を受けなくてもいいという制度があります。

 

ファイナンシャルプランナーの資格を得る手順は、FP協会と国家資格とでは、ちょっと違いがあるので、十分に確認してから検定試験を受験するようにしましょう。

ファイナンシャルプランナーの資格についての概要・種類関連エントリー


FPと資格と勉強方法についてご説明します

Copyright (C) 2010 FPの試験勉強のためのサイト All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

ファイナンシャルプランナーの資格についての概要・種類