FPの試験勉強のためのサイト

ファイナンシャルプランナーになるルート

ファイナンシャルプランナーになろうと思ったならば、資格試験を受験しなくてはなりません。

 

個人や法人のマネー設計をサポートするための知識を十分に学習する必要があります。

 

ファイナンシャルプランナーになるルートとしては大学や短大、専門学校、高校などで専門知識を勉強してから、普通資格認定研修を受けます。

 

普通資格認定研修を終了してから、2級FP技能検定試験を受験し、それにパスすると普通資格(AFP)が与えられます。

 

AFPは、ファイナンシャルプランナーとしてのスタート地点となる資格で日本のみで仕事をすることが可能です。

 

AFP資格は、日本FP協会の資格認定会員に入会しなければならず、認定後も保持や更新のために継続教育が必要になります。

 

もっと上を目標としているのであれば、外国でもファイナンシャルプランナーの業務に就ける国際資格のCFPの取得がお勧めです。

 

ファイナンシャルプランナーの資格を取ることで、学習した知識を大いにビジネスシーンで役立てることが可能です。

 

CFPというのは、アメリカの資格認定団体と日本FP協会が連携してつくられた民間団体の国際ライセンスです。

 

AFP取得した後に3年間の実務経験が要り、2年に1回の更新も必要です。

 

その時、定められた継続教育単位を修得していなくてはいけません。

 

ファイナンシャルプランナーの資格の中には、国家資格であるFP技能士も存在します。

 

3級技能士〜1級技能士まであって、合格できれば資格が授与され更新は要りません。

 

ファイナンシャルプランナーまでのルートはいくつかありますが、ステップアップしていくことで貴方自身の大きな財産となり身に付けていくことが出来るでしょう。

 

 

ファイナンシャルプランナーになるルート関連エントリー


FPと資格と勉強方法についてご説明します

Copyright (C) 2010 FPの試験勉強のためのサイト All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

ファイナンシャルプランナーになるルート