FPの試験勉強のためのサイト

ファイナンシャルプランナーの仕事内容

ファイナンシャルプランナーというのは、顧客のマネープランの相談に乗って提案していくことが大まかな仕事内容です。

 

人生の中で必要となる預金、株、債権、不動産、退職金などの資産はお金と大きな関わりがあり、安心した生活を送るためには大切なものでもあります。

 

その大切なものをサポートするお仕事なのでファイナンシャルプランナーの資格は大変重要な立場なのです。

 

例えば、マイホームを買いたいと相談をされた際には、年俸や預金、家族構成などの情報をきちんと伺ってから、適切なアドバイスをしていきます。

 

資金を確保する方法や、ローンなどわかりにくいところもお金のプロで資格所有者であるファイナンシャルプランナーが親切にわかりやすく説明してくれるので安心できるでしょう。

 

ファイナンシャルプランナーは、相談に乗ることが務めなのでカウンセリング力もなければなりません。

 

ファイナンシャルプランナーは、会社に身をおいて活躍していることがほとんどです。

 

日本ではまだ歴史が短いため独立している方はそんなに多くはないようです。

 

企業では主として金融関係や宅地建物、不動産鑑定というような職務にも役立つ資格と言われています。

 

ファイナンシャルプランナーは、どのような資産運用をすれば合理的で安定した生活を送ることが出来るのか相談に乗り、その人にピッタリの的確なアドバイスをすることが出来る知識をしっかり勉強しています。

 

経済状況や家族構成で変わりやすいマネープランをきちんと聞きだして把握することで、ベストな方法を提案するというお仕事なのです。

ファイナンシャルプランナーの仕事内容関連エントリー


FPと資格と勉強方法についてご説明します

Copyright (C) 2010 FPの試験勉強のためのサイト All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

ファイナンシャルプランナーの仕事内容