FPの試験勉強のためのサイト

ファイナンシャルプランナーの役割

ファイナンシャルプランナーという職業は、日本ではまだ出来たばかりの資格のひとつですが、個人個人の資産運用を計画するプロとして注目を集めています。

 

国際資格を取得すれば、海外へと仕事の可能性を広げることができる将来が期待できる資格です。

 

ファイナンシャルプランナーの使命は、ひとりひとりが望むライフプランに適した金融商品や保険、年金などについての助言や、住宅や不動産を買う時のプラン作りなどを行っています。

 

個人に対してだけでなく、法人に対しての生命保険や損害保険などの改善などについてのアドバイスもしています。

 

ファイナンシャルプランナーは、長い人生において起こるイベントに対応した資金の運用を考えてプランを作っていくため、個人個人で異なる目標へと的確に近づけていく役目を持っています。

 

負担にならない資金確保のアドバイスなど、移ろいやすい金融状況の中でも応じた情報を得るネットワークも確実に持っています。

 

ファイナンシャルプランナーの資格というのは、取ってから2年ごとに更新しなければいけません。

 

更新までの期間に定められた教育を受ける必要があるシステムがきちんとしているため、顧客のいろいろな局面に対処できる優秀やファイナンシャルプランナーが育成されれています。

 

ファイナンシャルプランナーは、お客様の将来プランについてのアドバイスや提案をしていくわけですから、理解しにくい金融商品や年金、税金などについての深い知識が必要とされ、強い責任感を持って仕事をしていく必要があります。

 

ファイナンシャルプランナーは、人生設計を預かる大切な役割を負っています。

ファイナンシャルプランナーの役割関連エントリー


FPと資格と勉強方法についてご説明します

Copyright (C) 2010 FPの試験勉強のためのサイト All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

ファイナンシャルプランナーの役割