FPの試験勉強のためのサイト

ファイナンシャルプランナーの資格取得方法

今、注目や人気が高まっている資格の中にファイナンシャルプランナーがあります。

 

ファイナンシャルプランナーになる為には、検定試験に合格する必要があります。

 

ファイナンシャルプランナーの資格を得るには、どのような手段があるのでしょうか?

 

ファイナンシャルプランナーの資格には、民間資格と国家資格の2種類が存在します。

 

民間資格の中には、海外でもファイナンシャルプランナーの職務に就けるライセンスも持つことが出来ます。

 

国家資格は、1級〜3級まであり、3級はファイナンシャルプランナーのスタート地点となり受験資格もないので、どなたでも検定試験を受験することが出来ます。

 

2級技能士を受けるためには、3級技能検定に合格している、あるいは2年以上ファイナンシャルプランナーとしての実務経験があるという条件があります。

 

さらに、日本FP協会が認定している研修を修得していなければ、受験することは出来ません。

 

1級技能士を受験するためには、5年以上ファイナンシャルプランナーとして実務経験がある、あるいは2級技能士に合格していなければ、受験できません。

 

証券会社や銀行などで実務経験を重ねている方がたくさん受験していて、資格を得ることでスキルアップを目指しているようです。

 

資格を取ることで、独立や転職などへ近づくこともでき、仕事の可能性を広げていくこともできて、将来的にも期待が持てると言われています。

 

全然ファイナンシャルプランナーの経験がない場合でも、独学や通信教育で学習すれば、資格を取ることも可能です。

 

ファイナンシャルプランナーの仕事に関心があるなら、どなたでも受験することが出来るので、はじめに試験問題集を開いてみてください。

 

ファイナンシャルプランナーの資格取得方法関連エントリー


FPと資格と勉強方法についてご説明します

Copyright (C) 2010 FPの試験勉強のためのサイト All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

ファイナンシャルプランナーの資格取得方法