ブランクあっても大丈夫?産休や育休明けの看護師の転職活動どう?

看護師が他の医療施設に転職をしたいと思ったら、どうすればいいでしょう。
看護師に限ったことではないですが、転職を望む際には、色んな原因が存在するでしょう。
家庭の事情に伴った勤務条件の変化、労働環境への不平不満、人間関係など、それぞれ頭を抱えてしまうことがあることと思います。
看護師だった知人は、病気になってしまって、その療養のためにしばらく看護師を辞めていました。
でも、病気を治したら現場に復帰して、昔と変わらず看護師として勤務しているのです。
多少のブランクでも、役に立つ資格があったら比較的復帰が楽になりますよね。
再就職に苦労した経験があるので、資格を取っておけばよかったと思っています。
少し前までは、看護師というのは女の人の職業と思われがちでしたが、ここ数年の間に男性看護師の割合も増加しています。
看護の際、患者を移動させたりお風呂に入れる際など、実は力仕事も必要なので、男性看護師の活躍する場面は多々あります。
お給料に関していうと女性とは変わらないのですが、産休や育休のため、やむを得ず職を離れなければならないということがないのでより高い能力を身に着けるチャンスが増えるでしょう。

看護師は他職種に転職可能?介護福祉士へ転職【仕事内容は?】